社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

建設業許可

建設業許可の取得をご希望の事業主様へ

    簡単にわかりやすくお伝えします。

建設業許可が必要??

簡単に申し上げると、

  1. 建築一式工事については、工事1件の請負代金の額が1,500万円以上の工事
  2. 建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金の額が500万円以上の工事

1又は2を請負う場合、建設業許可が必要になります。

その他、元請事業所からの要請で取得される方もいます。

 

知事許可か大臣許可か?

  • 静岡県内のみに営業所がある場合=静岡県知事許可
  • 静岡県と他の都道府県に営業所がある場合=国土交通大臣許可

中小企業は、ほとんど知事許可ですね。

以下、県知事許可について詳述します。

 

一般建設業許可か特定建設業許可か?

簡単に申し上げると、

  • 特定許可は、大規模事業所です。

1件の工事で、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上の

下請契約を締結する場合、特定建設業許可が必要です。

  • その他は一般建設業許可で差し支えありません。

一般許可がほとんどですので、

以下、一般許可について詳述します。

 

まず、確認!!

希望する許可業種は何でしょうか? 

業種は28業種に区分されています。

例えば、1業種だけか? 

    土木と とび・土工工事

    造園と石工事

    電気と通信工事

    大工と内装と建具工事

など…、必要業種をヒアリングの上決定します。

 

技術資格等について

  • 許可業種についての技術資格をお持ちでしょうか?
  • 若しくは当該許可業種についての実務経験が10年以上ありますでしょうか?
  • (工業系の学卒で10年未満となる場合もあります。)

 

経営経験について

許可業種の経営経験が最低5年以上必要です。

  • 個人の場合は確定申告で「営業所得」5年分、取り寄せができる。
  • 法人の場合は取締役経験が5年以上ある。

2以上の業種の許可をとる場合は、上記は7年以上になります。

 

裏付け資料が必要になります。

  • 満5年分(又は7年分)の工事請負契約書、注文書、請求書がありますか?

 

資本金額は?

自己資本金額が500万円以上ありますか?

500万円未満の場合、銀行の融資可能証明の取寄せが可能でしょうか?

 

社会保険、労働保険に加入していますか?

  • 健康保険被保険者証の提示が必要です。

法人等の強制適用事業所は、適用の必要があります。

  • 社会保険の「領収証書」又は「納入証明書」が必要です。
  • 「労働保険概算・確定保険料申告書」控え及び当該期の「領収済通知書」も必要です。

 

欠格事由に該当しないこと

  • 成年後見されていないことの証明書
  • 身分証明書

の取り寄せが必要です。

 

営業所の実態確認

  • 営業所の使用権限証明(賃貸なら賃貸借契約書、自社所有なら不動産登記簿謄本)
  • 営業所写真 (外観・内部数枚)

 

 

公共工事を請負いたい場合

公共工事の入札参加資格を得るためには、

建設業許可に加え、経営状況分析及び経営事項審査を受審する必要があります。

当事務所行政書士は、経営事項審査審査員も承っており、

経営事項審査に精通しております。

どうぞご用命ください。

 

 費用

建設業許可新規申請(知事許可・一般)

県証紙代9万円+報酬(法人19万円、個人15万円)と消費税

 

更新(知事許可・一般)

県証紙代5万円+報酬(法人6.5万円、個人5.5万円)と消費税

 

決算終了後の変更届

2業種まで報酬(法人5万円、個人3.5万円)と消費税

 

各種変更届

変更内容により異なりますので、お見積り致します。

 

経営状況分析・経営事項審査

受審する業種の数により異なりますので、

お見積り致します。

ページトップへ