社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

国際結婚

在留資格認定・変更

日本人配偶者と外国人が結婚した場合、

在留資格として「日本人配偶者」の申請をします。

外国人が海外に居れば、呼び寄せるために、

在留資格認定が必要になります。

日本に在住の外国人でしたら、

在留資格変更になります。

いずれにしても、質問書等の煩雑な書類が必要になります。

迅速的確なお手続きをさせていただきます。

どうぞご相談ください。

 

必要書類の概要

 

  1. 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
    ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
    顔の大きさが25㎜の±3㎜など、細かい指示かありますので写真を撮る際にはお気を付けください。
  2.  配偶者(日本人のご主人)の戸籍謄本 1通
    ※ 申請人との婚姻事実の記載があるもの。
    ※ 発行日から3か月以内のもの。
  3. 外国人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通
  4. 配偶者(日本人)の住民税課税(又は非課税)証明書及び納税証明書
    (1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
    ※ 1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
    ※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,
    いずれか一方でかまいません。
    ※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  5. 配偶者(日本人)の方の身元保証書 1通
    ※ 身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)の方になっていただきます。
  6. 配偶者(日本人)の住民票(世帯全員の記載のあるもの) 1通
    ※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。
  7. 質問書 1通
  8. スナップ写真
    (夫婦で写っていて、容姿がはっきり確認できるもの、
    結婚式の写真や、両親等と写っているもの、日本であることがわかるものなど)

これらの書類が必要ですが、ケースによって違いますので、

まずはご相談ください。

 

ページトップへ