社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

新しい助成金

平成27年度 新設助成金

キャリア形成促進助成金の「ものづくり人材育成訓練」

 建設業や製造業向け!!

  OJTとOff-JTを組み合わせた厚生労働大臣認定の訓練を助成

  ①企業単独型訓練

  ②企業連携型訓練

  ③事業主団体等連携型訓練

 Off-JTは、1時間あたり800円、訓練経費の2/3

 OJTは、1時間あたり700円

キャリアアップ助成金の多様な正社員コース

勤務地限定、職務限定の正社員制度等を新たに創設すると受けられます。

勤務地限定正社員制度を新たに規定し適用→中小企業40万円

企業内人材育成推進助成金

かなり良いです!!

従業員(正規・非正規両方です!!)の中長期のキャリアアップをする目的で、

教育訓練や職業能力評価制度を導入実施した場合の助成金です。

組織力強化を図れます!!

教育訓練・職業能力評価制度は、導入助成で50万円、実施助成で1人あたり5万円

 

 

労働移動支援助成金(受け入れ人材育成支援奨励金)

再就職援助計画の対象となった労働者及び求職活動支援書の

交付を受けた労働者を離職後3か月以内に期間の定めのない

労働者として雇入れた場合1人につき30万円支給

 

 

障害者雇用安定奨励金

精神障害者等雇用安定奨励金から変更
○ 障害者職場定着支援奨励金
・65歳未満の障害者である求職者をハローワーク又は

職業紹介事業者の紹介により、継続して雇用する労働者

として雇入れる事業主を支給対象
・障害者を支援する者を委嘱している事業主に対し、

委嘱の回数に1万円を乗じた額を支給
・障害者を支援する法人等に業務委託している事業主に対し、

委託に係る短時間労働者以外の障害者につき4万円、

短時間労働者の場合は2万円を支給
○ 障害者職場適応援助促進助成金(新設)
障害者に対して職場適応援助者(ジョブコーチ)による
支援を提供する事業主に対する助成
・訪問型職場適応援助者が支援を実施した日数に1.6万
円(支援が1日4時間未満は0.8万円)を乗じた額を支給
・企業在籍型職場適応援助者の援助を受ける者の数1月
につき、短時間労働者以外に係るものは8万円を乗じた額、

短時間労働者は、4万円を乗じて得た額を支給
・労働者に職場適応援助者となるための研修を修了させた

場合に研修に要した費用の2分の1の額

 

 

 

他にも障害者職場復帰支援助成金などあります。

 

 

平成27年度 改正(改善)助成金

キャリアアップ助成金の正規雇用等転換コース 拡充!!


H27年度末まで上乗せ給付有り!です。

有期雇用→正規雇用で、中小企業50万円

高年齢者雇用安定助成金の 高年齢者活用促進コース

60歳以上の被保険者数×30万円に引き上げ(20万円でした)

トライアル雇用奨励金

母子家庭の母等又は父子家庭の父を雇い入れた場合

1人につき月5万円に増額 (月4万円でした)

他にもキャリアアップ助成金(処遇改善コース)など多数あります。

H28年度も上乗せ給付有り!決定です!!

○ 平成28年3月31日までに派遣労働者を派遣先で直接雇用する場合、1人あたりの支給額が次のように加算されます。

・正規雇用として直接雇用する場合、「正規雇用等転換コース」について30万円加算

・勤務地限定正社員、職務限定正社員又は短時間正社員として直接雇用する場合、「多様な正社員コース」について15万円加算

○ 対象者が母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、1人あたりの支給額が次のように加算されます。

・「正規雇用等転換コース」について5万円又は10万円加算

・「多様な正社員コース」について10万円加算

○ 若者雇用促進法に基づく認定事業主の場合、35才未満の対象者について1人あたりの支給額が次のように加算されます。

・「正規雇用等転換コース」について5万円又は10万円加算

・「多様な正社員コース」について10万円加算

 

ページトップへ