社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

一般労働者派遣

一般労働者派遣事業許可

 

一般労働者派遣事業とは

簡単に申し上げると、

常用雇用でない者を派遣し、派遣先事業所で就業させる事業です。

(常用雇用の者を派遣する場合は特定の届出になります)
派遣先での仕事があるときだけ

雇用契約を結び労働者を派遣するため、
人件費が常に必要ではなく、

会社側に有利である一方、
派遣労働者側は不安定な身分になるということや、
派遣会社側が、派遣労働者の煩雑な労務管理をする必要がある等の、
法律の要請と厳格な要件があるため、
厚生労働大臣許可を取らないと当該事業を行うことはできません。
提出先は、管轄の都道府県労働局になります。

 

派遣元責任者が派遣元責任者講習を受講しておく必要があります。

 

事業開始のおおむね2か月前に手続をして
許可を得る必要がありますので、
お早めにご相談ください。

 

ページトップへ