社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

遺族年金

 

遺族厚生年金を受けることができる遺族

亡くなった方の条件

  • 厚生年金被保険者中に亡くなった
  • (加入中の傷病が原因で初診日から5年以内に亡くなった)
  • 老齢厚生年金を受けるのに必要な資格期間を満たしている
  • 1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる方が死亡した

遺族の条件

その方によって生計を維持されていた
1.配偶者または子

2.父母

3.孫

4.祖父母

の順で優先順位の高い方に遺族厚生年金が支給されます。

 

事実婚の妻(内縁関係の妻)、別居の妻でも受給できる場合があります。

ご相談ください。

 

※子(18歳年度末までの子、障害状態の20歳までの子)又は

子のある配偶者は、遺族基礎年金も併せて支給されます。

※遺族厚生年金を受けるためには、

遺族基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが必要です。

※30歳未満の子のない妻は5年間の有期給付です。

※夫、父母、祖父母が受ける場合は、

死亡時において55歳以上であることが条件であり、

支給開始は60歳からです。

ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限り、

遺族厚生年金も合わせて受給できます。

 

遺族基礎年金

亡くなった方の条件

  • 国民年金被保険者期間中に亡くなった
  • 老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしている
  • 亡くなった日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の
    2/3以上の期間について、保険料が納付又は免除されている
  • 亡くなった日の属する月の前々月までの1年間に保険料の未納がない

 

遺族の条件

その方によって生計を維持されていた

  • 18歳到達年度の末日までの子(障害者は20歳未満)のいる配偶者
  • 又は子

に遺族基礎年金は支給されます。

 

未支給年金請求

年金を受けている方が亡くなった場合、

年金を受ける権利がなくなりますが、

年金はお亡くなりになられた月まで支給されるので、

受け取っていない年金や、

亡くなった日より後に振込みされた年金のうち、

亡くなった月分までの年金については、

未支給年金としてその方と生計を同じくしていた遺族が受け取ることができます。

 

 

その他、死亡一時金、寡婦年金、中高齢の寡婦加算、経過的寡婦加算など、

夫々の方の状態によって請求内容が異なります。

 

中には、ご自身の老齢年金請求の際に、

遺族年金の請求漏れが発覚することもあります。

 

年金は複雑難解ですので、どうぞご相談ください。

 

ページトップへ