社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー 社会保険・労働保険・給与計算・各種許可申請

助成金

助成金・給付金

国から貰える助成金・給付金、知らないと損しますよ!!

助成金の種類はたくさんありますが、主に

・ 新入社員を雇用するとき

・ 働きやすい職場環境の整備をするとき

・ 従業員の教育訓練をするとき     など…

に、きちんと要件に合っていれば受給することができます!!!

この要件がとても重要です!!

助成金要件として良くあるのが、

1. 事前計画!!

あらかじめ、会社設立前や、従業員の雇用前に

「計画書」や「受給資格」等の認定・確認が必要!!

① これらは前もってやらなければなりません。

② 助成金の存在を知らなかったり、知っていても先走って会社設立や従業員を雇用してからでは受給できないので要注意です!!

 

2. 帳簿等の整備!!

① 労働者名簿

② 賃金台帳

③ 労働保険関係書類

④ 雇用保険関係書類

⑤ 出勤簿

⑥ 税務関係書類

⑦ 現金出納帳

⑧ 総勘定元帳

⑨ 履歴事項証明書

⑩ 就業規則      など
助成金の支給申請や計画認定時には、

これらの法律で義務付けられている書類の提示が必要になります。

また、助成金の申請をすると調査が入る場合があり、

上記関係帳簿類が必要になりますので整備しておいてください。

なお、当事務所に顧問契約をされている事業所様は、

①②③④の書類は当方で作成しております。

さらに、就業規則を作っておくことは助成金受給のためだけでなく、

労使トラブル回避のために大切です。

詳しくは就業規則をご覧ください。

3. 労働保険・社会保険の加入!!

① 違法事業所でないこと。

法人設立をすると社会保険(厚生年金・健康保険)への加入は義務となります。

② 従業員を一人でも雇用すると労働保険(労災保険・雇用保険)への加入も義務となります。

③ 助成金は雇用保険料を財源としているため、

助成金の多くは雇用保険に加入していることが条件となっています。

④ 労働保険の保険料の滞納がないこと。

⑤ 過去6ヶ月以内に会社都合で従業員を解雇していないこと。(条件有)   など

⑥ 領収書の保管!!

経費に対して出る助成金は、その経費についての領収書や契約書が

必要になります。大切に保管しましょう。

⑦ 不正受給は犯罪です!!

助成金受給のために不正(書類偽造、虚偽の雇入れ等)等を行うことは

犯罪になります。

 
助成金を活用して、事業所を活性化させましょう!!

 

ご相談ください。

ページトップへ